文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

投稿日:

世界文学のすごさは、
自分の読んだ時期によって、
まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。
その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。

ハムレットもそのひとつでした。


昨日はごろごろしながら
シェイクスピアのハムレットを読んでいました。

シェイクスピアをまとめて読んだのが13年くらい前で、
ハムレット
マクベス
リア王
オセロー
これらが混同していたので、
今回ストーリーを再確認しすっきり。

やっぱりシェイクスピアは偉大だなぁとおもいました。

前王である父の死に沈んでいるデンマークの王子ハムレットの下に、
父の霊が現れ、現在の王に毒殺された旨伝えられ、復讐をめぐらす~というところから始まる
この物語ですが、

今回 私はオフェーリアの狂気が気になりました。
中学校の頃、テートブリテン?という展覧会が西洋美術館かなにかであったのですが、
あの時に「オフェーリア」というタイトルの絵に出会い
魅了されたのを思い出しました。

あの絵は誰の作品だったのかおぼえてませんが、
華とともに川に流れ行くオフェーリアの美しさが
自然と一体になって、神秘的に描かれていました。
イメージとしては、ラファエロ前派っぽかったかも・・ロセッティとかかな?

文学に狂気を帯びたキャラクターを登場させるのは 特に珍しくないかとおもいますが、
オフェーリアのようなタイプの、狂気はあまりであったことがない気がする。

狂気を帯びたキャラクターというと、
大いなる遺産に出てくる ウェディングドレス女とか
罪と罰ラスコーリニコフとか
ジェーンエアのバーサとか、
なんか、こっちまで被害が及んできそうな恐怖感があるのですが、

オフェーリアにはそれがない。
メンヘラ女独特の、現実離れした美しさすら感じる

やっぱりシェイクスピアはすごいなぁ~とおもいつ、
ねっころがりながらよんだので、
あまり頭に入っていない箇所もあるので、
今度また読みます(*^。^*)

オフェーリアが狂ったまでの
経緯がよくわからんかった・・・

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …