文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

投稿日:

 

先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で

イケメンを髣髴とさせる
sirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、
感銘を受け、
心にメモってブックマークしていたのですが、

今日は近世英文学史の教科書で
詩人スペンサーが フィリップシドニーの死を悲しむ詩を
書いていたことを知り
しかも、そのタイトルにアストロフェルという字が入っていたので、
ちょう気になって。。。

図書館でごそごそスペンサーの詩を探す作業をしていました。

しかし。。。意外?該当の詩が図書館の本にかいてない。
今度大学の図書館へ探しに行こう。


以前、岩波文庫で「イギリス名詩選」という本をもっていました。
借りパクされて、以降手元に無いのですが、
『イギリス名詩選』は
左ページに英語
右ページに日本語が書いてある本で、

いろんな時代の英文学に名をはせた詩人の作品が載っていました。
もしかしたら、
あの本にあったかもしれないなぁとおもいながら。。。
今度ブックオフで見つけたら
購入しなおそうとおもいます。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

ディケンズ『リトル ドリット』感想その3

タイトル:リトル ドリット(日本語版は絶版のためamazonでは売っていません・・・)内容:債権者監獄で20年以上生活していたドリット家が、ひょんなことからすごく遠縁(?)の遺産を相続し、貧しい生活か …