文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行

『るるぶ近江 びわ湖 滋賀』を他のガイドブックと比較してみました

投稿日:

 

滋賀県に関するガイドブックをいろいろ読んでいます。
今回は、先週もらってきた「るるぶ近江 びわ湖 滋賀(国内シリーズ)

よみました~!

るるぶはJTBパブリッシング発行の旅行ガイドブック。
つまり、旅行会社の子会社?が発行しているガイドブックです。

一概には言えませんが、るるぶシリーズの長所・短所ははっきりしています。
海外も国内も大体こんなかんじ

(長所)
・ 写真が多くてきれい
・ ファッション雑誌のような感覚で読みやすい
・ お土産情報や食べ物情報があつい
・ どこにでも売っている手軽さ

(短所)
・ 社寺仏閣などの詳細などの情報が少ない
・ アクセスに関する情報も少ない
・ 地図が意外と少ない、地図が局地的
・ 本当に「地元で大人気」の店なのかあやしいww
・ 持ち歩きにくいサイズ

これらを まとめると、
どういうことを意味しているのでしょう?

どちらかというと、この本は、「」には向いていません。
しかし、「観光」「ツアー」「レジャー」向けであります。

たとえば、大津市内にある「三井寺」に行きたいとする。
○時代○年に建てられ、△△式~~様式で
国宝の○○像が安置されている
こういういきさつで今の姿になり
XXなどのゆかりの人物としてあげられ~~

というような、観光地自体に関する記述が少ないのが特徴です。

その代わりに、写真が多用されています。

そして、観光地周辺のショッピング&ごはんどころの紹介はあついです。

***

私は、ショッピングにも土産にも興味が無く、
滋賀でぜひやりたいことが
チャリで琵琶湖一周・・・「びわイチ」なのですが、
びわイチするには地図も情報も少なすぎる。

。。。ということで、
このガイドブックは参考程度で、
今回の旅で持ち歩きたいとおもうほどの情報は
有していませんでした・・・・

しばらく、自分にあったガイドブックを探してみることにします。

「旅は三度の楽しみがある」と、
以前クラクフでであったおじいちゃんが言っていました。

準備する楽しみ
旅する楽しみ
旅を思い出すたのしみ。

準備する楽しみを思う存分実行しようとおもいます(*^。^*)

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか?

よく、ブログにアンケートみたいなパーツがありますよね? あれをつかって、ぜひ皆さんに聞いてみたい質問があります。村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか? と聞いてみた …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

猫づくし!『東京ねこまち散歩―東西南北・路地猫マップ』

ネコ好きとしてはたまらないガイドブックを見つけました。 東京ねこまち散歩―東西南北・路地猫マップ その名のとおり、東京の野地ネコスポットが載っているネコネコガイドブックです。 東京でネコ~というと、私 …

no image

フィガロのような素敵な写真を撮ってみたい・・・・

no image

『モレスキン 人生を入れる61の使い方』でモレスキンの使い方のヒントをもらった

  今日は『モレスキン 人生を入れる61の使い方』という本を見つけました。いただいたモレスキンの使い方のヒントになればと読んでみました。 モレスキンとは、100年以上前から ヘミングウェイと …