文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

投稿日:

 

タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史
内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ
原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。

先週末は図書館でいろいろな本を読みました。
その中の一冊、はじめて学ぶイギリス文学史は面白くってためになりました。

流れはテキストと同じように次代順に並んでいます。
近現代はともかく、
中世~近世あたりの詩なんかも
日本語訳つきで抜粋したものを読むことができるので
楽しんで読むことができました。

ヴィクトリア朝以降以外は一折よみました。

チョーサーの時期、シェイクスピアの時期、ミルトンの時期、ワーズワスの時期
それぞれ作風が違っていて面白い。

いくつか詩も出ていましたが、
フィリップシドニーという詩人の「アストロフェルとステラ」という詩にときめきました。
強さを自負する騎士が槍大会の試合中、窓の向こうから騎士を見ている美女を発見。
美女に一目ぼれして 頭ぽーっとなっている瞬間に 
落馬して?無様な俺よ~みたいな歌。

中世騎士道の、プラトニックな恋愛模様(片思い?)が切ないです。

シドニーさんは、すごくいけめんで、貴族で、軍人でもあり、詩人でもあった。
当時の理想像を地でいっていた人みたいです。
そんなイケメンがこんなステキな詩を語るなんて、
やっぱり、天は平等に人をつくりたもうたのはうそですね(ーー;)

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …