文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行 英米文学

イギリス文学探訪  感想

投稿日:

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー)
内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから
当時と今のロンドンのご紹介まで
文学的視点からイギリスという国をみた一冊

近所の図書館が10日くらい、たな卸し?で閉まってしまうので、
英文学関係の本を沢山かりてきました。

まずは一冊目イギリス文学探訪。
これ面白いわーー!!
イギリス文学案内みたいなものかとおもいきや、
ロンドン今昔から
文豪ゆかりの地のご紹介まで。

ロンドンは、古代ローマ時代には
ロンディウムとよばれ、交易地としてさかえていましたが、
じつは、ロンディウム。。。昔のロンドンは、
いまのシティあたりをさしている。

ウエストミンスターあたりは隣町?だったそうで。

タワーオブロンドンなどの
政治的、宗教的な場所がなぜか「ロンドン」ではなく
「おとなり」に建っているんですよね。。。

その理由もちゃんと書いてあり、
そうなんだ!!!の連続でした(*^。^*)


他にも、ロンドンにある
パディントンやキングスクロス駅などの特徴、

ロンドンで活動した詩人や小説家がどのあたりで書いて
そのような場所を舞台にしたのか
ワクワクするような本でした。

ロンドンといえば、大きなテムズ川が流れています。
このテムズ川をはさんでロンドンは二分されています。
ウォータールー橋は自殺の名所だったとか。
その理由を聞くと、切なく、当時の情景が浮かぶようです。

川むかいに監獄などがあり、監獄の説明の項目も興味深かった。
ディケンズのお父さんも借金で監獄に入れられたというのは有名な話ですが、
債権者用の監獄と普通の監獄との違いなど、新たな知識をお持ち帰り!

英文学はおもしろいなぁ。。。と
しみじみかんじた一冊でした。

英文学好きな人だけじゃなくって、
イギリスへ旅行に行く予定の方にもおすすめしたい。
イギリスの旅行ガイドブックの補助として読むと
英国への旅の楽しみが倍増するはずです(^-^)wl

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-旅行, 英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

『るるぶ近江 びわ湖 滋賀』を他のガイドブックと比較してみました

  滋賀県に関するガイドブックをいろいろ読んでいます。今回は、先週もらってきた「るるぶ近江 びわ湖 滋賀(国内シリーズ)」 よみました~! るるぶはJTBパブリッシング発行の旅行ガイドブック …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …