文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

近世英文学史の教科書開いてみた。

投稿日:

まだ途中までですが、面白いですね~!
イギリス大好きなのでワクワクします。

文学系はいままでレポート書いたことがないので、
どのように書けばいいのかまよいますが、
面白い科目なので、楽しんでかけそうです。

シェイクスピア以前の英文学が影響を受けたのって、
イメージとしてはトマスモアとかチョーサーですが、
チョーサーおもったより存在感大きいんですね。。

こりゃ読み直さなきゃ『カンタベリ物語』

カンタベリー物語は若かりし頃読んだことありますが、
あまり覚えていない。
トマスベケット卿を詣でにカンタベリー大聖堂へ向かう旅人が
いろんな話をしながらわいわいしていくストーリー・・・だったかな?

それより、チョーサーって、
つまらないギャグ?映画ででてきたことがあって、

(たぶん、このふたつのうちのどっちか↑)

その映画の設定の、、、チョーサーが、
酒乱で文書の偽造が特技で。。
あと、なんかすぐ裸になっていたような・・・

うう、、あの映画オチどんなんだっけ?
って、そっちが気になってもやもやのランチタイムでした(― ―;)

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …