文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『科学哲学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』 感想

投稿日:

 

タイトル:科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

本の内容:アリストテレスからはじまり、現代の科学哲学まで、

科学哲学に関する本の紹介と、それぞれの哲学者の考えの説明が

わかりやすく書いてあります。一人ひとり章ごとに分かれているのと、
章の最後にオススメ文献が書いてあるがうれしい一冊。

コチラの本、アウグスティヌスは書いてありませんでしたが、

科学哲学の流れを知るには良い本でした。

現代の哲学者や科学者についてぜんぜん知らないのですが、

この本に紹介されていたルートウィッヒ ウィトゲンシュタインの

言語ゲームの説明がとっても興味深い。

あと、マッハのページも「へぇえ!!」の連続です。
まず、マッハって、人の名前だったことに1へぇですww
マッハといえば、速度?で有名ですね。
小さいころは「ファミコンやりたいからマッハで帰るべー」
といった具合に、よく使った単語でもありました(*^。^*)


ガリレオガリレイの、宗教裁判のあたりも興味深いです。

科学や哲学としてではなく、歴史の一角として惹かれますね。。。

まだ、途中までしか読んでいないのですが、
早く続きを読みたくなる一冊です。



今日は時間論の前に、科学哲学について概要をつかむために、

図書館でいろいろな本を探してきました。

科学哲学って、哲学の棚にあるのかと思いきや、

ほぼ科学にありました。。科学の棚は新鮮です。

ビックバンはなぜ起こったのかという

興味深いタイトルの本が気になりましたが、

とりあえず今回は時間論がかいてありそうな

科学哲学関連の本だけ。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …

no image

日曜日は、『科学哲学入門―知の形而上学』という本を読みました・・・

アウグスティヌスの時間論レポ書くときにもお世話になった中山先生の著書です。『科学哲学入門―知の形而上学 』 コチラの本、昔読んだ気がしますが、さっぱりでした。でも、今回は違った!! 土曜の夜に図書館で …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

『省察』 難航する神の存在証明のレポートww

省察のレポート、神の存在証明をやろうとおもいますが、同じ筑摩の『省察』でも文庫と全集はぜんぜん違っていてびっくりました。 最初筑摩の全集 デカルトパスカルのなかにはいっている省察を読んだのですが、西洋 …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …