文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

投稿日:

昨日も今日もそして、多分明日も
アウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。

枕頭の書として欠かせない本ですね。



線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、

まだ迷い中。


11章、最初のほうは

現在過去未来についてのことですが、

後半は時間をはかることについて書かれています。

いずれにせよ、


私たちは時間について知っているが

時間についての説明を求められるとできない。


当たり前のように時間を使用しているけれど、

時間とはなんであろうか。

アウグスティヌスが繰り返し語りかけてくる。


神は天地創造以前に何をしていたか


昨日の夜読んだ『時間論の構築』という本で


宇宙はビックバン以前はどのようになっていたのか

という現代科学の疑問と

神は天地創造以前に何をしていたか

という古代神学を結びつけていましたが、



人間は知らないことが多すぎる。

だから学問は楽しい。

 

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが …

no image

倫理学レポート 課題タイトル「へブル人、キリスト者の倫理について」②《新約のキリスト》

倫理学レポートのその2を挙げてみたいと思います。 レポートの課題タイトルは「へブル人、キリスト者の倫理について」でした。 《新約のキリスト》 アレクサンダー大王による遠征以降、セレウコス朝、プトレマイ …

no image

『図説 イエス・キリストで』で、新約聖書ゆかりの地を紙上旅行~

GW後半は歴史哲学と倫理学を交互に勉強しました。 倫理学は新約・旧約聖書のあたりがレポート課題。 なので、休憩時間に『図説 イエス・キリスト (ふくろうの本/世界の文化)』なる本を読みました。 この本 …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …