文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

投稿日:

 
タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫)

あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、
神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(おもに下巻)
哲学的神学的なことが書いてある本。

アウグスティヌス『告白』下巻を読んでいます。
 
読んでいるのは11章だけ。
11章にはアウグスティヌスが聖書解釈からみた
時間論を展開しています。

神は世界を作る以前、何をしていたのか

という壮大な題から、掘り下げていくので
難しくって、何度もページをさかのぼって
疑問符浮かぶことの連続を繰り返しながら
とりあえず、11章の文章だけでも
暗記するつもりで、
アウグスティヌスの時間論、入学しました。

過去 現在 未来について
彼が考える3つの時間は
現在の過去
現在の現在
現在の未来

というかんじで・・・
なるほど!うん、でも難しくって断片的にしかわからない!と
今はこのくらいの感想しかかけない感じです・・・

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『省察』 難航する神の存在証明のレポートww

省察のレポート、神の存在証明をやろうとおもいますが、同じ筑摩の『省察』でも文庫と全集はぜんぜん違っていてびっくりました。 最初筑摩の全集 デカルトパスカルのなかにはいっている省察を読んだのですが、西洋 …

no image

『デカルト―「われ思う」のは誰か』を読む

今日もデカルトの勉強をしましたー われ思うのは誰かという本です。 デカルトの私は考える ゆえに 私が存在するという有名な一文について コチラの本によるとデカルト『省察』での表現はそのような推論の形をと …

no image

オリエント考古学のテキストにワクワク

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。 今日、オリエント考古学のテキストが届きました。慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ」とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。 …

no image

今日もデカルト『情念論 (岩波文庫)』を読み進めるけど・・・・

昨日からデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。  デカルトの情念論、今日も読み進めますが、さっぱりわからなくなってきました。動物精気の説明の後に、動物精気と神経とがどのようにして運動やかん …

no image

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

  タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書) 内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という …