文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋史

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

投稿日:

 

タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る

内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係や
イランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本

イランとイスラムという本を読み始めました。

最初はゾロアスター教の話から始まっていて

興味深いです。

イスラーム圏の人々は、犬より猫派が圧倒的。

犬は穢れた動物ということで、飼うことはもちろん、触ることも避けられてきました。

しかし、コーランでは、犬は穢れた動物とは書いていない。

ではなぜ、犬→穢れた動物という概念がイスラーム圏で広がっていったのか。
この本によると、それはゾロアスター教が関係しているというのです。

ゾロアスター教では、犬は穢れを浄化させる(?)とされ、

大切にされてきました。

ペルシア世界で、ゾロアスターからイスラムに改宗する過程で、

いろいろな「ゾロアスター教いじめ」みたいなものがあったとされます。

たとえば、火を崇高なものとするゾロアスター教徒ではないとの証に
「火につばをかける」という行為などもそれです。

ゾロアスターとの差別化を明確にするため、犬が犠牲になっているんですね
・・・って・・・これ、ほんとうなのかな?

なぜ、本当なのかな?と疑問がうかんだ理由は、、

この本に書いてある十二イマームの説明のページを読んでからです。

12代イマームは3.4歳ころ死亡しました。と書いてあり

??????????

たしか、井筒先生の本では
先代が死んだと同時に12代は3.4歳で蒸発と書いてありました。
他の本でも行方不明。権力闘争に巻き込まれ誘拐され、ころされたのかも?
という推測もありましたが、

死亡。と断言して書いてある本はこの本が初めてです。

うーん。これ、十二イマーム派の人見たら怒りそうだなぁとおもいながら

今、途中まで読んでいます。

 

-イスラーム, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史010) 』再度読む

東洋史概説2のレポート不合格で戻ってきました。文字数足りなすぎる、諸内乱のまとめはよかったけど、それらを関連付けたレポートを!というコメントをいただきました。 そして、 「ラストエンペラーと近代中国 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

余部福三 『イスラーム全史』感想

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】 価格:3,675円(2012/4/20 13:23時点)感想(0件) 昨日の昼から今日にかけて イスラーム全史という本を読んでいます。 この本、 …

no image

『図説 史記の世界』を借りてきました。

史記が面白すぎて、借りてきちゃいました ふくろうの本の図説『史記の世界』ふくろうさん、写真が多くて大好き。 『史記の世界』は、読むというより「みる本」でした。 史記の舞台となった世界の写真とともに史記 …