文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

投稿日:

 
タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

あらすじ
主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、
親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。
ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグリットから
実はハリーが魔法使いであることを知らされ、ホグワーツ魔法魔術学校に入学する。
そこで色々な友人やライバルを経て、敵と立ち向かっていく~のようなストーリー。

ハリーポッターが大好きです。
英語のテキストとしても使っていましたが、
読むなら日本語で、お菓子ぼりぼり食べながら
まったり週末に楽しみたいです。
 

イギリスらしい児童文学で、
ユーモアがディケンズを彷彿とさせます。
イギリスでよく見る主人公設定って、孤児とか、
孤独な身の上とかなんですよね・・・・

ハリーポッターも、登場シーンはなかなかのものです。

ハリーポッターで好きなシーンは、学校に行き始めて
いろんな友達ができてくる、世界がひろがっていくところ。

新しい学校に入るときって、ワクワク感と不安感が入り混じって
心がフワフワするのですが、
最初のころのハリーもそんな感じで、なんか良いなぁと読んでいます。

そういえば、イギリス?アメリカ?だかに
ハリーポッターのアトラクションができた?できる?らしいですね・・・・気になる。。。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

  先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で イケメンを髣髴とさせるsirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、感銘を受け、心にメモってブックマークしていたのですが …

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …