文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム トルコ史関連

(新版 世界各国史)西アジア史〈2〉イラン・トルコ  感想

投稿日:

  

タイトル:西アジア史〈2〉イラン・トルコ (新版 世界各国史)
本の内容:トルコ・イランを中心とした西アジアの歴史を
古代から現代まで時代順、国ごとに書かれています。

永田先生編纂の西アジア史 トルコイランをよんでいます。
概説を知るには参考になる本です。
永田先生といえば、母校の先生です。東洋史概説をとっていました。
ずっとむかしに永田先生の授業を取ってから、
イスラムのことはイスラームということにしています。

今読んでいるのは、ヒッタイト→カラハン朝まで

アナトリアといえば、ヒッタイト。
ヒッタイトといえば、鉄を最初に使った人たちというのが有名。
この本では、鉄と馬によってさかえたヒッタイトという記述があり
乗馬もそうなのかぁ!!とひとつ知識をお持ち帰り。

そういえば、アナトリアから中央アジアにかけて
馬っていう感じですね。
ヒッタイトはトルコ系じゃないけど(たしか)
トルコ民族って言ったら、馬術が他の民族より高くって、
ムスリムの神兵とかいわれてましたものね・・・

トゥルク民族の東境って、素人の私にとってはあいまいなのですが、
汗血馬で有名なフェルガナの馬は
歴史浪漫をかんじさせます。

  

2年前でしょうか、上海万博に行ったとき、
トルクメニスタンのパビリオンに入りました。
その名の通り、トルコ系の国家です。
パビリオンの前には国旗の色に輝く馬のオブジェ。

トゥルク民族の流れをもっと詳しく
勉強してみたくなりました。

*****

トルコのイスラーム化が進むのが、カラハン朝のころといわれています。
ただ、このあたりの王朝乱立がワラワラしていて、
図にでもかかないと。。。。覚えきれないです(――;)

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-イスラーム, トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

中東漫画といえば・・・王家の紋章?天は赤い河のほとり?

  今週はトルコやイスラームばかり読んだのですが、 中東関連の漫画を 10代の頃、よく読んでいました。 一番思い浮かぶのは 王家の紋章です。 王家の紋章は母が全巻あつめていて、 さらに月刊プ …

no image

千一夜物語1巻 感想

 タイトル:完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫) 翻訳:豊島 与志雄  佐藤 正彰  渡辺 一夫 岡部 正孝   超簡単なあらすじ:大臣の娘が王に 毎晩毎晩お話を聞かせることによって、殺され …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想

イスラーム文化 価格:693円(2012/4/17 17:31時点)感想(4件) 今日も岩波文庫を読みました。 井筒 俊彦先生が書いた「イスラーム文化-その根柢にあるもの」 私が学生だった頃は「イスラ …