文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

千一夜物語1巻 感想

投稿日:


 タイトル:完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫)

翻訳:豊島 与志雄  佐藤 正彰  渡辺 一夫 岡部 正孝  

超簡単なあらすじ:
大臣の娘が王に 毎晩毎晩お話を聞かせることによって、
殺されるのを先延ばしにしているという設定で(?)
毎日大臣の娘が話すストーリーは短編になっている。

千一夜物語は、アラブの文学史には欠かせない作品ですよね!
しかし。。。今のところ我が家に集められたのは
1と8巻しかないです。

でも、お話が短編になっているので、巻が飛んでいても楽しむことができます。

1巻で一番すきなのは
「大臣ヌーレディンとその兄大臣シャムセディンとハサン・バドレディンの物語」
・・・ハサンの話が一番好きです。

身分を隠してダマスカスのスークで美味しいざくろの実の菓子を売る
世界一かっこいいハサン。

物語本編より、
世界一のイケメンがつくった、世界一美味なお菓子売り
という設定が妄想膨らみます。

お菓子屋の設定は、ダマスカスのスークでした。
以前シリアに行ったとき、
ハサンっぽいイケメンが
ハサンがつくってそうな菓子を売っている現場をさがしましたww
なかった。。。残念ww

千一夜物語 日本では「アラビアンナイト」で有名ですが、
おもったよりアダルトな世界です。
西洋純文学ではまず、お目にかかれないくらい
直接的というか、

「なるようにしてなったのでございます」とかいう類の
抽象的表現はあんまりないです(笑)


まぎれもない世界文学ですが、岩波文庫のそれはちょっと表紙があれなので、
カバー必須ですww

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …