文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム トルコ史関連

ティエリー・ザルコンヌ著「知の再発見 スーフィ」感想

投稿日:

【送料無料】 スーフィー イスラームの神秘主義者たち 「知の再発見」双書 / ティエリー・ザルコンヌ 【全集・双書】

価格:1,680円
(2012/4/25 12:44時点)
感想(0件)

創元社さんから出ている
ティエリー・ザルコンヌ著/東長靖監修/遠藤ゆかり訳
知の再発見 スーフィーを読んでみました!

レポートを書くために最近イスラーム関連の本を読んでいますが、
たびたび出てくるスーフィ(イスラム教神秘主義者)のことが気になり
手にとってみました。

高校の世界史レベルでは
スンナ派、シーア派くらいのくくりでおおまかにされていますが、
わたしがおもった以上にスーフィの影響力は強いことを理解しました。

以前、トルコの宗教都市「コンヤ」に行った際、
メブラーナ教団の博物館を訪れました。

白装束に身をつつみ、
音楽に合わせてくるくるまわるセマーたち。。。
厳かな空気の中、優雅にすら思いましたが、
セマーたちには人間味が無く、宗教者としての風格を感じて魅入っていました。

スーフィズムというと、メブラーナ教団なイメージですが、

地域や宗派によって、いろいろな儀礼があることをしりました。

【送料無料】 スーフィー イスラームの神秘主義者たち 「知の再発見」双書 / ティエリー・ザルコンヌ 【全集・双書】

価格:1,680円
(2012/4/25 12:44時点)
感想(0件)

神との一体化をもとめ、
禁欲的な修行が特徴的なスーフィズム、

スーフィズムの概要について知るには、絵や写真が多くわかりやすいです。

私は、「なぜスーフィズムがトルコで広まったのか」
その理由が知りたくて、いろんな本を探しているのですが、

残念ながら、その疑問はちょっとしか解決されませんでした。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-イスラーム, トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

ちょいと借りるよ!放送大学の教科書

タイトル:中央アジアの歴史・社会・文化 (放送大学教材) 内容:その名の通り、中央アジアにと特化した歴史概説書。イラン史、○○スタン系(テュルク民族系)の歴史についての詳細が書かれている本です。 慶應 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …