文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

投稿日:

声に出して読みたい日本語でおなじみ
斎藤孝先生の本を読んでみました。


齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

斉藤孝先生の講義は明大にいたころから大好きでした。
そんな斉藤先生ですが最近TVなどでもたびたび出てきて
ベストセラーも出ています。

昨日、読んだのが
ざっくりわかる西洋思想史
という本でした。

斉藤先生の書く西洋思想史に興味がありました。

西洋思想の波をいくつかの山に見立てての説明は
わかりやすいです

齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

ただの概説ではなく、先生自らの考えも入っていて
夢中になって読んでしまいました。

ルネサスばかりやっていた身としては、
アリストテレスが霞んで見えていたのですが、

アリストテレスのすごさを
この本で再確認。

そして、デカルトの「われおもう ゆえにわれあり」のページでは
数学と絡めた哲学思想を鑑みる良いきっかけになりました。

タイトルどおり、ざっくり 西洋哲学史の流れを理解するのに
ピッタリだと思います。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

西洋哲学史2のレポートを書くために岩波文庫のシュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました下巻はちょうどデカルトからはじまってます。 この本の「明晰判明~」 …

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

『科学哲学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』 感想

  タイトル:科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 本の内容:アリストテレスからはじまり、現代の科学哲学まで、 科学哲学に関する本の紹介と、それぞれの哲学者の考えの説明が わかりや …

no image

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

タイトル:これならわかる! 哲学入門 倫理学の試験勉強をしているのですが、ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのにコレはま …