文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

アウグスティヌス 告白(上)

投稿日:


 

 

 

カトリックでは聖人に列せられている

「聖アウグスティヌス」が書いた本です。

 哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも

世界中で読まれています。

 

上巻は生まれてから改宗、母の死までをつづった自叙伝形式になっていました。

 

 

 

友達と一緒に畑の作物をぬすんだ子供時代を思い、悪とは何かを考え、

 

友の死から、限りあるものを愛するむなしさを考え、

 

教義に矛盾を感じる、マニ教への不信

 

聖アンブロシウスから得た聖書への解釈

 

 

 

一冊の本に深い、深すぎる考えが詰め込まれています。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

今更ながら、『ソフィーの世界』を読んでみました。

中学校の頃、叔母にプレゼントされた『ソフィーの世界』を今更ながら読んでみました。 あなたはだれ? という不思議な手紙を受け取るところからソフィの哲学的世界が始まるストーリー。 ソフィーの世界の作者は北 …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

歴史哲学のレポート作成開始。

倫理学の勉強と併用して歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。 うちの近所の図書館にはプレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・ ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。 ヘーゲルの歴史哲 …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …