文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

「 英米文学 」 一覧

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

2012/09/05   -英米文学

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

ジョン ダン詩集

2012/07/04   -英米文学

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …

no image

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

2012/06/27   -英米文学

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。 そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になった …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

2012/06/27   -英米文学

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

2012/06/27   -英米文学

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

アメリカの歴史教科書 感想

2012/06/26   -英米文学

 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました 日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

2012/06/20   -英米文学

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

2012/06/11   -英米文学

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

2012/06/08   -英米文学

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本がやっと届きました。 レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・ …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

2012/06/07   -英米文学

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …