教育心理学のレポート③オペラント行動について???
心理学 / 2017年9月13日

教育心理学のレポートがまた発掘されました。 これって二本立てだったのかな?この科目鬼畜やわあ(笑) 2本目はオペラント行動ってやつを書いたみたいです。駄レポートは以下の通りですww オペラント行動とは オペラント行動とは、特定の誘発刺激がない中で、自発的な反応によって引き起こされる行動である。強化が反応の結果に依存している点を重視し、スキナーやソーンダイクが実験によって、強化や消去によって特定のオ…

教育心理学 ピアジェ発達段階説をまとめたレポート②
心理学 / 2017年9月12日

前回アップした教育心理学のレポートつづきです。ピアジェの 発達段階説をまとめたレポートだったかなと思います 感覚運動期(出生~2歳前後) 感覚運動期の前期では、イメージを持たず、反射的活動の時期をへて、感覚と運動を意識的に組み合わせることで認知し、幼児の世界は外へと広がり、適応しようとする時期へと向かう。 感覚運動シェマが多様化し、シェマの関連付けが進むことにより、内面化が発生し、さらに新しい構造…

教育心理学の ピアジェ発達段階説をまとめたレポート①
心理学 / 2017年9月11日

教育心理学という講義は何回かとりました。 でも、苦手だった。。。。。なんというか、、、うん。私は心理学とは相性悪かったです(笑)教育心理学のレポートはけっこうおちました。 このレポートは多分、ただの発達段階説まとめレポートです。 1960年代以降、ピアジェをはじめとして登場した構成主義心理学は、心理学の大きな潮流の一つとなり、子供の主体的な活動によって知能がつくられるという彼の考えは、教育の在り方…

テスト勉強を兼ねて『中学 高校教師になるための教育心理学』読みました。
心理学 / 2013年3月18日

教育心理学の前回のテストがぽしゃったので、また、振り出しに戻り勉強を始めました。 心理学の類は、すごく苦手ですね。 教科書だけでは、なにいっているんだかさっぱりなので、入門書みたいなものを探しています。 さっそく探し、読んでみたのがこちら。 『中学・高校教師になるための教育心理学 第3版 (有斐閣選書)』教師になるつもりはありませんが。。。なかなかよさそうな本だったので。 最初のころのページがなか…

『ピアジェ思想入門』感想
心理学 / 2012年8月20日

タイトル:ピアジェ思想入門―発生的知の開拓 内容:ピアジェが送った少年時代から、彼のうちたてた構成主義の内容まで書かれた本です。進化論的な彼の考えはここから来たのか・・・・と納得の一冊です。 ピアジェ思想入門。ピアジェの理論についての本は数あれど、ピアジェ史みたいなものが気になっていたので探してゲットしました。 ピアジェはとある学者?からの質問に対し、英才教育(早期教育?)を否定していますが、彼の…

『ピアジェに学ぶ認知発達の科学』感想
心理学 / 2012年8月18日

タイトル:ピアジェに学ぶ認知発達の科学 内容:1960年以降ピアジェよりはじまった構成心理学。ピアジェの「子供の主体性を重視する」考えがいろいろな視点からかかれています。 教育心理学概論の夏スクに参加したので、わすれないうちに教育心理学のレポートを書いちゃおう!!!とおもい、いくつか本をかりてきました。『ピアジェに学ぶ認知発達の科学』教育心理学概論の授業で、ピアジェといえば発達段階説が印象に残って…