アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2012年5月14日

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(おもに下巻)哲学的神学的なことが書いてある本。 アウグスティヌス『告白』下巻を読んでいます。 読んでいるのは11章だけ。11章にはアウグスティヌスが聖書解釈からみた時間論を展開しています。 神…