ようわからんかった・・・『ルソーの教育思想』という難しい本を読んだ
フランス文学 / 2014年8月28日

今日は『ルソーの教育思想 利己的情念の問題をめぐって 』という難しい本を読みました。テーマごとにルソーの教育思想がまとめられている本なのですが、うん。難しい。でも、まとめ方はレポートや卒業論文などの形式なので、内容だけでなく、書き方にもヒントを多くいただいた本でした。 ルソーさんは、人間は文明によって腐敗したと考えている人で、エミールもその考えの上でかかれています。 彼はイナカの純朴な人々と対照的…