ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。
フランス文学 / 2014年8月24日

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 ) 内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間になったかなど書かれている 私がレポートの参考にしたのは主にエミールの上巻ですが、下巻も読みました。その中で一番興味ひかれたのはp274から始まる「旅について」 ルソーの考える「旅について」は共感できる…