オーウェルの『動物農場』読み始めました。
英米文学 / 2013年7月26日

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみオーウェルの小説を読み始めました。 『動物農場』です。 おとぎばなしとかいてある とおり、子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。 かといって、簡単な物語なのかというと、そうではない感じがします。 まだ10ページくらいしか読んでませんが、 人間が寝静まった夜?動物たちの会議のようなものがはじまります。 イギリスの国土は貧しいが、動物たちが幸せに生きてい…