ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ
英米文学 / 2013年6月6日

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保安官の主人公がさかりのついて暴れた象を撃つ話なのですが、 英語3のテキストでは、伝わらなかった細かい文中の表情が日本語だと伝わってきて、、ああ、こういう話だったのかぁとしみじみ。 象を前にする主人公の…