文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

投稿日:

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、

プレハーノフは社会主義者目線で、
歴史における個人の役割について考えました。

社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノフさん。

こちらの本、アマゾンでも楽天でも区の図書館にもなくって、
探しました・・・・
母校の図書館にあったのですが、
もう、、アンティークというほかないほどの擦り切れた本で、
小麦色にやけていました。

発行が昭和三十三とかいてありましたよ・・・。
昭和33年といったら、私の親と同じ歳(笑)

50年以上明大生を悩まし続けたことでしょう・・・

ヘーゲルの『歴史哲学講義』より数段読みづらかったです。
括弧が多くて、しかもカッコ内が長くて、どこからが括弧終了なんだろといったかんじで・・・。

ヘーゲルもプレハーノフも、
「英雄」によって歴史は作られるという点では共通の考えを持っていますが、
ヘーゲル→実は「見えざる手」による傀儡である。
みたいな事を言っていましたが、

プレハーノフ→英雄が歴史を作る、しかし、その英雄とは、個人の才能だけではなく、ある一定の社会条件のもとに生まれる
のようなことをいっていました気がします。

この本、120ページくらいの本ですが、
結局、何かいてあるのかわからないことだらけでした。
月食のたとえとか・・・・。

この本は、内容はともかく、
批判がとげとげしい、、、そちらのほうが気になりました。

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

ヨーロッパ中世社会史事典 感想~

タイトル:ヨーロッパ中世社会史事典内容:中世ヨーロッパ史を学ぶ際にたびたび出てくる用語を、単語別に解説している事典。アナール派の視点から解説してある本。 歴史学の革新―「アナール」学派との対話 &nb …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …