チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想
英米文学 / 2012年10月17日

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー ディケンズならではの濃いキャラたちが、断片的に場面が切り替わる感じでストーリー展開がされていきますが、それらがひとつのパズルのように合わさっていくような作品。 先週末はテストでした!!大して勉強しておら…