文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

マルク ブロック 『封建社会』感想

投稿日:

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、
いまさらながらに読んでいます。

この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、
難しい本です。

タイトルのとおり、封建社会について述べられている本。
封建制度そのものだけでなく、
封建社会内での司法
教会
ふかーく書かれていて

おおお!!!そうなんだ!!!の連続。

封建社会といっても、
各国それぞれけっこう違った動きを見せていて、
それのおおもとをたどれば
ローマ帝国、シャルルマーニュ、教皇との微妙な関係へ結びつく。

それがわかると、歴史の流れへの理解が深まり、
西洋史のお勉強が一段と楽しくなりますww

この本では、数行ですが、
日本の封建制の特徴も書かれていて、
マルクブロックの博識ぶりに さすが~と感心するばかりです。
しかも、日本史まったくわからない私でも
わかる、明瞭な書き方!

何で、日本の封建制度は長く存続していたか、
それは、封建制度のトップが、天皇ではなく、将軍でとどまっていたから
~のような説明がなされていました!!!!

日本の天皇家って、ノルマンコンクエスト以前から存在しているんですよね。
連綿と続く王朝と比べたら、私の人生はみじんこもないんだろうなぁと
しみじみ思いながら、

読了。

これを読むと、封建制以外のことも、
なんとなく ピン!とフラグたちます。

なぜ宗教改革がドイツであれほど広まったのか
フランス革命の面たる原因

封建以降のでっかい出来事についても
この本にヒントがあった気がします!!!

一回読んで、結構収穫があったので、
卒業するまでにあと2回くらいは読んでみようと思います~~~

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで 内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。封主と …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

『マグナ・カルタ』を探して図書館ウロウロ

本日はレポート締切日でした。お疲れ様でした。ラストはエスプレッソのみまくりでがんばりました~! 西洋史特殊3の参考リストにあるCSデービス?「マグナ・カルタ」を大学図書館に探しに行きました。 結構苦労 …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …