塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想
ヨーロッパ史 / 2012年6月4日

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人生をおくったか、四人の女性をあげながら、それぞれの生き方を追っている塩野七生先生の本 先日、図書館のリサイクル市でもらった本を早速読んでみました。 西洋史好きなら一度は読んだことある?塩野七生先生の本…