シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想
西洋哲学 / 2012年5月16日

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に読んでいました。 西洋哲学史の流れがわかるコチラの本ですが、 なぜかアウグスティヌスが名前程度に省かれています。 今回読んだのは、アリストテレスの数行です。アリストテレスの自然哲学?の分野の説明が興味…