文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

投稿日:

 

たいとる:時間論の構築

本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)
アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から時間論に統一的な描像を与える。代表的な時間論を検討し、主観的時間から物理的時空構造へ至る道を模索する。

アウグスティヌスの時間論について調べはじめたばかりですが、
しょっぱなからつまづきました。
こんなに難しい本を理解できなきゃ
アウグスティヌスの時間論の課題は提出できない??

この本は、アリストテレスからはじまり、中世、現代というながれで
書かれている本です。

アウグスティヌスとアリストテレスまでは理解したんです。なんとなく。
でも、そのあとハイデカーとか出てくると
何の話なのだかさっぱりで、睡眠薬並みのラリホー効果が期待できます。
なによりも苦手な数式みたいのがでてきて、ラリホーマです。強力なスリプルくらった感じです。

 
でも、でも。。。時間論についてレポートかくなら、
現代の時間論についても理解しないとかけないわけで・・・・ということで
とりあえず、途中まで読んだんです。

マクタガートの「時間は存在しない」のあたりは、すごくおもしろかったんですが、
ミレーだかミラーさんだかのところで、、、寝オチしていました。

まだ私にこの本は早すぎたみたいです。
英検5級の私が一流大学受験するようなもんです。

時間論関係の「初心者でもわかる~~」系の本を
探しに行ってみます・・・

レポート書けるレベルまでお勉強したら
再チャレンジしてみますよ。。。。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …

no image

科学哲学レポ作成中。 土日読んだ本一覧~

土曜日のAMは、慶友会前に三田キャンパスのメディアセンターで勉強日曜日は神田祭でわく母校の図書館で勉強していました。 科学哲学のレポートを書くために読んだ本はこちら ↓↓↓ プリンキピアを読む―ニュー …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …