『トルコ狂乱 アタテュルクの戦争』感想 その2
イスラーム , トルコ史関連 / 2012年5月2日

タイトル:トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争 著者:トゥルグット・オザクマン あらすじトルコ民族のための国を建国しようとたちあがったケマルアタテュルクはじめアンカラ政府軍がイギリスやギリシアに勝利し領土を取り戻し、トルコ建国へと向かっていく・・・・1920年代 現代のトルコ史をもとにしたストーリー 昨日の夜から、今日の朝にかけて260ページ→705ページまですすみました。あと100ペ…

千一夜物語1巻 感想
イスラーム / 2012年5月2日

 タイトル:完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫) 翻訳:豊島 与志雄  佐藤 正彰  渡辺 一夫 岡部 正孝   超簡単なあらすじ:大臣の娘が王に 毎晩毎晩お話を聞かせることによって、殺されるのを先延ばしにしているという設定で(?)毎日大臣の娘が話すストーリーは短編になっている。 千一夜物語は、アラブの文学史には欠かせない作品ですよね!しかし。。。今のところ我が家に集められたのは1と8巻…